ニュース

NEW 11月25日【子育てシンポジウム】東京にて開催決定!!

11月25日【子育てシンポジウム】開催のご案内
*詳しくはコチラ

当地では4回目の開催となり、毎回大変多くの方が来場されます。
お子様連れのご参加も大歓迎です!

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

PickUP 第5期「すこやか育て・育て直し」講座開催中!!

【第5期「すこやか育て・育て直し」講座(名古屋会場)】実施のご案内
*詳しくはコチラ

大好評の「すこやか育て・育て直し」講座、第5回目が開催中です。
第4期も親御さんや元保育者さん、現役保育者さん等にご参加いただき、
参加者の悩みに対する角田先生のアドバイスに、大きな手がかりを得られていました。
今まで、どんなことを試しても子育ての悩みが尽きない方、ぜひご参加ください。
お子様連れOKの午前コースのみのご参加も大歓迎です!

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

PickUP 【第1期 角田メソッド・マスター講座】東京にて開催中!!

【第1期 角田メソッド・マスター講座(東京会場)】実施のご案内
*詳しくはコチラ

多くの方よりご要望いただいておりました、東京での角田先生の講座が開催中です!
講座では、書籍等だけでは得られない貴重な内容を、角田先生から聞くことができます。
3日間、効果的に“角田メソッド”が学べるこの機会をぜひお見逃しなく。

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

PickUP 子育てバイブル登場「これが心の育て方」全国の書店で好評発売中!!

抱っこは、し過ぎると良くないのか?それとも抱っこすればするほど良いのか?……
時には怒るべきなのか?それとも……
子育ての最も基本的で大切なことから、友達をたたく、登園時の泣き別れがおさまらない、じっとしていられない、登校しぶり、スマホ依存……
多くの悩みを改善に導く具体的な方法を、マンガと図解でまとめた、子育て世帯に必須の一冊!!

Amazonで購入

PickUP 「グッドママウェブサイト」サービススタート

より良い子育て環境の実現を目指し、親御さんからの相談にアドバイザーが回答するサービスの実施や、
確かで役立つ育児情報を発信していく「グッドママウェブサイト」が始動しました。

NEW 2017年11月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.164」(エイデル研究所))
『「子育て支援」の環境づくり』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆A児の育て直し実践記録~人を信じられるために
(※角田春高によるスーパービジョンを受けた保育者による事例)

児童福祉施設で生活し、思い通りにならないと保育室から出たり、癇癪をおこしたりするA児(年少・男児)に対し、第1課題から第4課題へと心育てに取り組んだ担当保育者の実践記録をご紹介。

<特集>
◆「子育て支援」の環境づくり
子育て支援の意義と目的
実践に学ぶ「子育てひろば」の環境づくり

2017年9月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.163」(エイデル研究所)
『自然と人類と保育』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆緘黙状態の子どもの保育者への援助事例
(※角田春高によるスーパービジョンを受けた保育者による事例。日本保育学会70回大会においてポスター発表される)

園ではひと言もしゃべらない緘黙状態の年少(4歳)・男児が、活き活きした表情で保育者とも友だちとも会話ができるようになるまでの、担当保育者への援助過程をご紹介。

<特集>
◆自然と人類と保育
【対談】自然と人類と保育ー過去から現在に生きる人間(ヒト)を語る
【インタビュー】森の中の保育から見えてくるもの

2017年7月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.162」(エイデル研究所)
『子ども虐待と保育』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆「スカートを履きたがる」男の子の相談への援助事例
スカートを履きたがる2歳男児に対し、「性同一性障害」を心配する母親からの相談を受け、対応に苦慮する保育者への援助をご紹介。

<特集>
◆子ども虐待と保育
・子ども虐待がもたらす“傷”
・【座談会】保育者が虐待事例に対応する時

2017年5月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.161」(エイデル研究所)
『「遊誘財」とは何か』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆幼稚園でのいじめ・いじめられ事例への援助
年少の後半から年中の初めにかけて、いじめグループの首謀者だったAちゃんが、途中から逆にいじめられる側になった事例について、「心の発達の視点」から育て直しに取り組んだ保育者への援助をご紹介。

<特集>
◆「遊誘財」とは何か
子どもを遊びに誘う保育環境

第3回「すこやか育て・育て直し」講座開催決定!!

【第3期「すこやか育て・育て直し」講座(名古屋会場)】実施のご案内
*詳しくはコチラ

ご好評いただいております、角田春高先生による「すこやか育て・育て直し」講座の3回目開催が決定いたしました。
今回も午前コースは、主に子育てに悩みを抱えていらっしゃる親御さんにお役立ていただける内容となっております。
もちろん、従来通り「角田メソッド」によるスキルアップや資格取得を目指される保育関係者の皆様や親御さんのご参加も大歓迎です。
ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

2017年3月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.160」(エイデル研究所)
『いまの親子に伝えるコトバ』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆ある親子の育ち直りのレポート(2)
3歳の長男の育て直しを実践し、長男が第5課題まで達成と同時に、幼稚園に入園以降、今度は母親自身の育ち直りがスタートしました。
「死にたい」とうつ状態になった母親は、3歳の娘が、まるで自分の母親であるかのように傍で支えてくれることで、「見捨てない人」に出会い、生きる元気が湧きはじめました。
そこから実母との関係修復へとつながり、母親自身が第1課題から育ち直りを遂げた事例です。

<特集>
◆いまの親子に伝えるコトバ


2017年1月 第2回「すこやか育て・育て直し」講座開催決定!!

【第2期「すこやか育て・育て直し」講座(名古屋会場)】実施のご案内
*詳しくはコチラ

前回大変ご好評いただいた、角田春高先生による「すこやか育て・育て直し」講座の2回目開催が決定いたしました。

今回は「子育て、育て直しを希望される親御さん」にもご参加しやすいプランとなっております。
託児はございませんが、お子様連れでのご参加も大歓迎ですので、子育てに悩んでいらっしゃる親御さんや、もっとすこやかな子育てを目指されている親御さんもぜひご参加ください。

また、「角田メソッド」によるスキルアップを目指される保育関係者の皆様のご参加もお待ちしております。

「角田メソッド」を習得いただいた方には、グッドママ株式会社運営の育児サポートサービス(育児相談対応、子育て・保育情報の提供など)にて大いにご活躍いただければと思います。

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

2017年1月 講師:角田春高先生「安全・安心・子育てシンポジウム」続編開催!!

【安全・安心・子育てシンポジウム「すこやかな心の育て方」続編】開催のご案内
*詳しくはコチラ

前回大変ご好評いただいたシンポジウムの続編開催が決定いたしました!!

不登校・引きこもり・いじめ対策まで、あらゆる子育ての悩みを解決に導きます。

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

2017年1月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.159」(エイデル研究所)
『一人ひとりを大切に育てる環境』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆ある親子の育ち直りのレポート(1)
子育てに悩み、やり直しを決意した母親自らがたくさんの育児書を読み、必死で探し当てた「育て直し・育ち直り」。
この母親から、私が勤める大学まで問い合わせがあったことがきっかけで、数年間、面談や電話相談等を行い、第一子が小学校に適応することが出来るようになった事例。
かわいがられた乳幼児期のない母親の人生の苦労から、私との出会いをきっかけに、母親と子どもさんが変わっていく様子まで綴られた、母親からのレポートを2回にわたってご紹介します。

<特集>
◆一人ひとりを大切に育てる環境
◆【対談】一人ひとりが大切に育てられるために
「目に見えないこと」を「目に見えるもの」にする

2016年11月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.158」(エイデル研究所)
『非認知的能力の源を探る』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆保育臨床からの疑問~発達障害とはどのような障害か(2)

思春期以降においても「発達障害」の診断を受けた子どもに対して、育て直しの取り組みをすることで子どもが育ち直った経験より、私は思春期以降であっても、基礎となるスキンシップがなかったり、不足していたりするなら、誰かによって経験することが大切であると考えます。

<特集>
◆非認知的能力の源を探る
◆非認知的な能力の源にあるアタッチメント
◆子どもの「できる」の前にあるもの―認知・非認知の育ちの様相

2016年9月 第1回・アドバイザー養成講座開催決定!!

【第1期:すこやか育て・アドバイザー養成講座(名古屋会場)】実施のご案内
*詳しくはコチラ

この度、育児で最も大切な“心の発達”の研究・実践者である角田春高先生の「角田メソッド」を踏まえたアドバイザー養成講座の開催が決定いたしました。

アドバイザー志望の方はもちろん、将来資格を取りたいと考えている方、「角田メソッド」を勉強して、よりすこやかな子育て・保育・教育・児童養護などに活かしたい方のご参加を心よりお待ちしております。

まずは、准アドバイザーの資格を取っていただき、我々がスタート予定のWEBサイト(電話および文字による育児相談対応、子育て・保育情報の提供など)にて大いにご活躍いただければと思います。

ご不明点等は「お問い合わせ」よりお問い合わせください。

2016年9月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.157」(エイデル研究所)
『子どもの心の「甘える壷」』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆保育臨床からの疑問~発達障害とはどのような障害か

近年耳にする「発達障害」の定義に疑問を持っています。
発達障害者支援法が施行された前後より、「気になる子」の代わりに「発達障害」という言葉を耳にするようになりました。
「発達障害」は、「知的障害」や「身体障害」などの「障害」と同じでしょうか?
「発達障害」の診断が出ている幼児の保育者への援助事例や保護者とのカウンセリング経験から、「発達障害児」を親や保育者が発達の視点に立って育て直す関わり方を行うと、定型発達する過程に入ることが分かってきました。

<特集>
◆子どもの心の「甘える壷」

2016年7月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.156」(エイデル研究所)
『主体的な遊びで育つ子ども』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆ある母親の子育てレポート(その2)
 前号につづき、出産、子育ての混乱の極みから、角田春高が提唱する「角田メソッド」の“発達の順序”に従って子育てに取り組んでいる母親(中村さん)のレポートを紹介。
現在娘さんは2歳になり、「やんちゃだが、かわいい」とのこと。
中村さんは時々本を広げ、“発達の順序”を確認しながら子育てにあたっているようで、日々大変ではあるが、この目安があることで育児の自信につながり、ご自身の軸が出来てきたということです。

<特集>
◆主体的な遊びで育つ子ども
 遊びがヒトを人間にする
 子どもに応え、子どもが応える環境づくり

2016年5月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.155」(エイデル研究所)
『子どもと親への関わり方』
<角田春高 連載記事/「子育て、育て直し」の視点から>
◆ある母親の子育てレポート(その1)
  出産、子育ての混乱の極みから「発達の順序」に従って子育てに取り組んでいる母親のレポート。

<特集>
◆子どもと親への関わり方
 保育者が“子ども”に関わる-主体的な育ちを信じて
 保育者が“親”に関わる-親子の将来を見通して

2016年3月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.154」(エイデル研究所)
『子育ては響き合い「甘え」と「間主観性」』
 温故知新:「三つ子の魂 百まで」を考える(その4)

 諺に言う「三つ子の魂 百まで」の「三つ子の魂」を具体的に説明。
 第7課題(畏怖心、宇宙の中の私)、育て直しの実践活動からみた「新;三つ子の魂百まで」について紹介。

2016年1月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き  No.153」(エイデル研究所)
『子どもの育ちとメディア、商品、サービス』
 温故知新:「三つ子の魂 百まで」を考える(その3)

 諺に言う「三つ子の魂 百まで」の「三つ子の魂」を具体的に説明。
 第5課題『譲ったり・譲ってもらったり、仲好し』
 第6課題『3人遊び』について紹介。

2015年11月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き No.152」(エイデル研究所)
『保育における感染症対策』
 温故知新:「三つ子の魂 百まで」を考える(その2)

 諺に言う「三つ子の魂 百まで」の「三つ子の魂」を具体的に説明。
 第3課題『人見知り・後追い、信頼関係』
 第4課題『言葉でのやりとり、お話とお手伝い』について紹介。

2015年9月

角田春高 連載記事掲載「園と家庭をむすぶ げ・ん・き No.151」(エイデル研究所)
『子どもの権利』
 温故知新:「三つ子の魂 百まで」を考える(その1)

 諺に言う「三つ子の魂 百まで」の「三つ子の魂」を具体的に説明。
 第1課題『生きている実感』
 第2課題『安全・安心、身を守る』について紹介。